公園芝生立入り禁止

毎日通っていた自慢の公園が自慢じゃなくなった。
冗談じゃない!!! こんなルール絶対に不当だ!!!

d0033336_1242751.jpg

いきなりある日突然、犬は芝生に入るな、休憩してもいけないって。。。
広い気持ちの良い芝生を目の前にして、靴はいてない犬に熱く焼けたアスファルトだけ歩けと?疲れたら熱く焼けたアスファルトに腹ばいになれと?
これ動物愛護にも触れるんじゃないか?

犬だって人間と同じ、広くて青い心地よい芝生があるからこそここに来るのです。
芝生に入るなってことは公園に入るなってことと同じです!しかもここは「庭園」じゃない!ネーミングは「原っぱ」なのよ!
「原っぱ」っていうのは本来虫がいたり自然動物のフンだってころがってるかもしれない、自己責任においていろんなこと学びながら自由に走り寝転んで遊べるトコ。そこに子犬と戯れる無邪気な子供の笑顔があって、微笑ましいと感じるのは少数の愛犬家だけ?

役所はそもそも公園は何のためにあるのかという根本的な公園の存在意義を認識してないんじゃない?。犬を飼っている者の立場から言わせて貰えば、飼い犬が社会性を身につける訓練をしたり、犬を知らない子供達も犬と触れ合える格好の場所が公園なのよ。
人間を癒す犬達もその飼い主も日頃のストレスを発散し安全にリフレッシュできる格好の場所が公園なのよ。
そして犬好きであろうが犬嫌いであろうがいろいろな人々がみんなともに憩える場所、そんな公園作りを工夫してもらうために私達は税金を払ってるのです。

衛生面や安全性を問うならば、ドッグエリアを設けるとか工夫すればいいこと。
街や地域の犬マナー向上のために市は率先して公園を提供してしかるべきなのに、ただ『禁止』って御粗末過ぎる発想じゃありませんか?
これだけ犬を飼う人が増えている社会で、一部のマナーの悪い人がいたらその人だけ罰すればよいことなのにすべての善良な飼い主までも罰して、社会ニーズに逆行するような一方的なルール、そしてまさに公園の美観をそこねるこの看板を見てみなさんどう思いますか?
d0033336_1262940.jpg

毎朝「おはようございます」と声を交わし親しくなっていた公園管理のスタッフさんがすまなそうに「こういうことになったからよろしくね」と。。。
看板を見て仏頂面で歩いていた私、思わず「これはないんじゃない?!」と思いのうちをぶつけるうちに不覚にも悔し涙が溢れる。
「ごめんね、おじさんにはどうすることも出来ないんだよ」って言いながらすっとポケットからハンカチをだしてくれたおじさん。だまっておすわりしてるローリーとハンカチを狙って集中してる一見おりこうそうなミルミルの頭をなでて、「上の人には伝えておくからもう来ないなんていわずにまた来てよ」といってくれたけど。。。
d0033336_1271783.jpg

[PR]
by lomia | 2005-07-08 12:17 | 犬 
<< ミュージカルバトン 反省^^; >>