カテゴリ:2014 オーストラリア( 7 )

オーストラリア旅行9~10日目最終日 (シドニー2)

旅行9日目ついに父さんに風邪がうつりました。。
というか、よくここまでうつらずにこれたものです(笑)
あともうちょっと頑張って欲しかったな><

観光できる最終日、レンタカーしていたので元気だったらもうちょっと足を延ばして
ブルーマウンテンなどへも行ってみたかったのだけどやめました。

近場のシドニータウンをそろそろと流して走ります^^;


↓ごめんなさい。途中お聞き苦しい風邪声入ります(汗)



いや~日本語のナビ助かりました!
海外の町で日本語ナビ、オツです(笑)大阪弁だったらもっと元気でたかも^^


シドニーの湘南(?) ライフセーバー発祥の地としても有名な
ボンダイビーチにやってきました。
d0033336_15074025.jpg
コーストウォークを楽しみたいところですが風にあたるのはやめて
少しだけ海岸を眺めてあとは恒例、地元さんお散歩犬ウォッチング♪

d0033336_15074462.jpg

結構たくさん見かけましたが

ゴールデンがいなかったのがちょっと残念でした。


次なる町は可愛いカフェやショップがあってお散歩に最適なパディントン
アイアンレースのバルコニーがとてもおしゃれなタウンハウスが
たくさん並んでいました。

d0033336_15074632.jpg



駐車場がなくて路肩のコインパーキングもびっちりうまっていて
停められずにぐるぐるぐるぐる。。

d0033336_15075007.jpg


街路樹が大きくて緑豊かで紫色のジャカランダもあちこちに咲いてとてもきれい。
街並の景色を楽しんだだけで次へ向かいます。


やはり初心者は車を確実に停められてカフェもある
テーマパーク的なところをめざすのが無難。
ということで目的地をタロンガ動物園へとナビ設定♪

d0033336_15075352.jpg


オーストラリアといったら!の動物にはやはり一目会って帰らなくちゃね。
カンガルー、ワラビー、コアラ、エミュー、
そしてタスマニアで会えなかったカモノハシ
園内は広いので目標を絞って回りました。

d0033336_15075699.jpg


風邪をうつすといけないのでコアラ抱っこ写真はパスしました^^

園内のゴンドラからの眺めもよかったです。

d0033336_15075920.jpg



午後はホテルの近場を散策しながら最後の気力を振り絞って(苦笑)おみやげ買い。

それにしても街中ジャカランダが咲き乱れて日本の春の桜のよう。
春と言ったらピンク!な日本ですが オーストラリアは紫なんでしょうね。

d0033336_15081095.jpg


セントアンドリュース聖堂

d0033336_15081394.jpg




ステンドグラスが素晴らしかったです。


d0033336_15081935.jpg



19世紀の建造物を店舗として改装したクイーンビクトリアビルディング
オーストラリアならではのクラフトショップやギャラリーもあり
見事な吹き抜けや装飾にみとれながらウインドウショッピング

d0033336_15082222.jpg


風邪は父さんに移したのに治らないし。
残念ながら食欲もありません。
父さんは最悪の状態になりつつあり。。

オーストラリアの薬はどうかとも思いましたがドラッグストアさがして
やっと風邪薬買いました。

d0033336_15082457.jpg


お寿司のパックなんか普通に売っているシドニー
カップヌードルも^^
ふたりでこれで充分だったオーストラリア最後の晩餐デス><




最終日
父さんには空港まで最後の運転を頑張ってもらい
9時15分発の帰国便になんとか乗り込むことが出来ました。

レンタカー返却から出国手続き、出発ゲートまで遠かったこと!

d0033336_15082669.jpg


この写真↑は10日前シドニーに到着した時の上空からのものですが
まだ同じような色合いが見送ってくれたと思われます^^*
(帰りは座席が中央で窓が見えず)
シドニー、とても感じの良い街でした。

今回の旅行は欲張りなコースで大変でしたがそれもまた良い思い出です。
父さんありがとう!そしてお疲れ様でした^^ゞ

最後まで長旅の記事におつきあいくださった方もありがとうございました。


***********





[PR]
by lomia | 2014-12-23 00:05 | 2014 オーストラリア | Comments(6)

オーストラリア旅行8日目 (シドニー1)


オーストラリア国内最後の移動日
チェックアウトは前夜のうちに済ませ夜明け前にキャビンを出発
空港への道は来た道を戻るだけだからだいじょうぶだね^^と助手席ナビはもう一眠り
結果、かなり遠回りをしてランセストン空港にたどり着いた一行デス(汗)

シドニー空港着は昼頃
調子に乗って(^^;)シドニーでもレンタカー
風邪っぴきさんは乗っているだけでいいので楽でありがたいのですが
地図と景色を確認しながらのナビが結構たいへんです。もちろん寝てられません><
なのでGPSナビシステムも借りちゃいました!

今度の車は三菱の新車♪


d0033336_13371820.jpg




ホテルに着き一休み後シドニー観光へ
とりあえず今日の半日で有名スポットだけは押さえておこう^^

ハーバーブリッジを渡ります。
タスマニアとは全然違う車線の数!(大丈夫か?父さん)

d0033336_13372261.jpg





有名すぎるオペラハウスにもタッチ♪
きれいな青空によく映えてました!


d0033336_13372610.jpg


シドニー湾をはさんでハーバーブリッジもくっきり
頂上に登っている人も見えました。

d0033336_13373091.jpg



高層ビル群


d0033336_13375167.jpg


大都会だ~

気持ちよく風に吹かれていたら父さんも汗が冷えて怪しい体調になってきました。
せっかく大都会シドニーに来ていますが美味しいものを探す元気がでません。

今日はこのぐらいにしましょう。
ホテルのあるワールドスクエアに戻るとなんとありがたや、
讃岐うどん屋さんがあったのでうどんすすってさっさと寝ました。


************





[PR]
by lomia | 2014-12-22 14:32 | 2014 オーストラリア | Comments(0)

オーストラリア旅行7日目 (タスマニア3)


タスマニア3日目は朝から雨。
朝食は池を眺める窓辺の席に案内されました。なんか落ち着きます^^

d0033336_20560628.jpg
今日はのんびりドライブでタスマニア北海岸の町散策に出かけることに。



まず1時間半ほど走って着いた町バーニー。

カモノハシのウォッチングポイントとして知られるファーングレイド。

d0033336_20560934.jpg
よく聞いたら見られるのは運がよければ。。らしく、残念(笑)

お天気はすっかりあがりました。
そこはラッキー^^


次に訪れたのはリトルペンギンが見られるというリトルペンギン観測センター
d0033336_20561428.jpg

こちらもよく聞けば
ペンギンが出てくるのは夜間のみらしく、残念、この時間では1匹もいません><

仕方なく車を走らせていたらその名も『ペンギン』という町が!

d0033336_20563391.jpg


まあこんな模型でもいるいにはいたから記念の一枚^^


頃会いよく見つけたパン屋さん

d0033336_20563698.jpg


ランチはミートパイと思わず買ってしまったスイーツ。
エクレアとチーズケーキ、美味しかった!


海岸でボール遊びしてるワン連れ発見

d0033336_20563937.jpg


ボーダーさんでした。気持ちよさそう!


帰路、港町デボンポートから内陸に30キロほどの町シェフィールドへ
ここは壁画の町として有名です。

なるほど、町がそのままギャラリーのよう!

d0033336_20564717.jpg




赤い淵どりの窓がかわいらしいクラフトショップ&カフェの
ボーダーコリーの壁画も気に入りました。
どうしても犬がらみのものが目につきます^^

d0033336_20564954.jpg


よく見たら中にはステンドグラスのオーナメントが♪




公園では毎年4月に行われるという壁画コンテストの作品が展示されていました。

d0033336_20564455.jpg

絵のテーマはタスマニアの自然や歴史で
ワタシが気に入ったのはつられて二マリしちゃったユニークなタスマニアデビルの絵^^



初日に撮り忘れたグレイドルに近付いてきたあたりの車窓です。

d0033336_09143796.jpg


たぶん山火事のあとの再生中の森と思われますが
ユーカリの木が立ち枯れ荒涼とした原生林が続き
タスマニアドライブ中でとても印象的な光景のひとつ。

d0033336_20565212.jpg

レンタカー、車種は日産パルサーでした。
Tasmania Explore the possibilities


北海岸ドライブから帰ったのは午後3時前
まだ夕方まで時間があったので昨日の続きでまたロッジ近くの森を歩きます。

d0033336_20565617.jpg

樹齢1500年のキングビリーパインに会い
クレイドルの深閑としたレインフォレストの散策を名残惜しみました。


d0033336_20565889.jpg



今日も夕食はカンタンにパブで。
チキンかつ(?)とパンプキンポタージュを二人でシェア。
連日の活動で風邪っぴきは悪くなるいっぽう><だけどなんとか食欲あり。


************




[PR]
by lomia | 2014-12-20 23:23 | 2014 オーストラリア | Comments(2)

オーストラリア旅行6日目 (タスマニア2)


石造りの大きな暖炉のそばの席を案内されちょっと気分がいい朝ごはん^^

d0033336_22411560.jpg
今日はがっつり歩きます^^


世界自然遺産「タスマニア原生地域」として登録されている
クレイドルマウンテン国立公園。ビジターセンターで入園パスと
ランチ用にサンドイッチを買いシャトルバスに乗り換えてダブ湖の駐車場へ。
ここで入山リストに行先を記入してハイキングスタート。


d0033336_22413724.jpg
ダブ湖を周遊する初心者コースを歩きます。


d0033336_22414338.jpg
日本ではあまり見かけない気がする小花がたくさん!
やっと春!という季節のタスマニアの山岳地域です。


d0033336_22414871.jpg


標高1545mそそり立つ岩肌が印象的な
グレイドルマウンテンの雄姿と青い湖面を眺めながらの6キロ
天気も良く光に満ちてとても快適!

ウォーキングルートはすべて木道で整備されており安全です。

d0033336_22415288.jpg


楽勝!とおもったけど後半アップダウンがきつく汗をかきそして冷えて
結果、体調には悪影響だったかな(笑)
でも見慣れない木々や花、不思議な色の湖水と絵のような景色、等々
目を奪われながら気持ちの良いハイキングでした!



d0033336_22415604.jpg


近年減少してしまったというタスマニアンデビルさんとの面会は
保護センターで説明を聞きながら。




d0033336_22420479.jpg


道路でも悠然と歩く野生動物はウォンバッド


d0033336_22420977.jpg


タスマニアに春を告げる花タスマニアワラタ

d0033336_22421353.jpg


ロッジに戻って近くの散策ルートもたっぷり歩きました。
苔むした太古の森の風情はどこかの映画の世界!!
ここで出会ったウォンバッドももっそりしててかわいかったです^^



d0033336_22422420.jpg


夕飯はロッジのパブで
風邪っぴきさんはやさしいスープだけあれば。。といいながら
全品シェアでいただきました^^


************





[PR]
by lomia | 2014-12-19 01:36 | 2014 オーストラリア | Comments(2)

オーストラリア旅行5日目(タスマニア1)


振り返って今回の計画はちょっと欲張りだったと反省する
次の目的地はタスマニアです。
シドニーから飛行機で南へ2時間半
快晴の青空から緑豊かなタスマニア島北部の
ロンセストン空港に降り立ちました。

d0033336_23362515.jpg
北海道よりひとまわり小さいくらいの島
レンタカーでグレイドルマウンテン国立公園ちかくのロッジまで
約2時間半のドライブ
オーストラリアは日本と同じ右ハンドル左側通行なので違和感ありません。

d0033336_23362804.jpg
おまけに空港出てすぐに一本道信号もあまりありません。
でも同じような景色が続き、時々右左折しなければならない交差点を間違えないよう
地図を広げて気が抜けない助手席ナビ^^;

d0033336_23363148.jpg
羊や牛馬の牧場や耕作地が延々と続く牧歌的な風景も北海道と似ています。
時々かわいい集落があり、気持ちの良い道がしばらく続き
その後あたりは人の手が入っていない荒々しい原生林の風景に。
(原生林のインパクト強かったのに残念、写真なし)

午後3時、これから3泊するペッパーズグレイドルマウンテンロッジに到着

d0033336_23363577.jpg
部屋は敷地内に点在するキャビン(ビブリみたい^^)
外観とは打って変わって中は立派なホテルでした!

車で移動ですがレストランとロビーの建物へは近道の木道があって
その両脇の草地にはあちこちに人目を気にしない野生動物が!


d0033336_23363732.jpg


カンガルーの種類でワラビーよりさらに小さい「パディメロン」体長50センチ
お腹の袋の赤ちゃんも顔を出して一緒に草を食べていました^^


d0033336_23363929.jpg


レストランのタスマニア産食材を生かしたコースディナーは最高でした。
ワインも堪能しましたが、あ、写真にはいってませんね^^


***********







[PR]
by lomia | 2014-12-13 00:53 | 2014 オーストラリア | Comments(6)

オーストラリア旅行3~4日目(ウルルカタジュタ2)


昨夜10時過ぎにホテルに戻ってもう翌日は4時半ロビー集合です。
まあサンライズツアーだから夜明け前に出なきゃ意味ないのはわかりますが
く~っハード。。><

あちらっぽいブレックファーストBOXをホテルで受け取り出発

d0033336_13390633.jpg


ウルルから出る太陽を見るのではなく
陽を受けたウルルを見ます。

d0033336_13391040.jpg


朝はそこそこ涼しい砂漠地帯
ぐんぐん陽が昇って素晴らしい青空になりました。
今日も暑くなりそう。。

d0033336_13391754.jpg


砂漠の水平線に昨日歩いたカタジュタも見えます。


今日はウルルの一枚岩のほうを歩きます。
登山したい人は登山
登山はいいという人はふもとの周遊ルートウォーキング

d0033336_13392355.jpg


傾斜45度つるんとなにもない岩肌、転げ落ちて死亡事故が過去40数件とか
JB父は登りたそうでしたが
気象条件など登山許可の条件がかなりあって
まだ時間帯が早くクローズだったためとりあえずふもとウォーキングへ



d0033336_13392967.jpg


マラウォークとクニヤウォークふたつのルートで
動植物の説明を聞いたり
アボリジニの生活の様子を残す水場や岩のくぼみや壁画を見て歩きました。

d0033336_13393380.jpg


結局この日登山ルートは強風のためクローズでした。
オープンで父さんだけ登って転落事故とかなくてヨカッタ!
ワタシも風邪っぴきでなかったら登りたかったけどね^^


d0033336_13394190.jpg


ツアー解散でホテルに戻ったのは11時ころ

d0033336_13395761.jpg


ホテルが5件あるエアーズロックリゾート内には
レストランやクラフトショップ、スーパー、展望エリア、ビジターセンターなどあって
父さんは午後の時間はそれらを散策
風邪っぴきのワタシはお昼を済ませたらさっさとホテルに戻りベッドへ

日本でもらってきた風邪薬は7日分
旅行中に治るかな?



旅行4日目はシドニーに移動です。
午後着いたホテルでまた休息

d0033336_13400165.jpg


夕飯はワールドスクエアをふらっとして見つけた日本食店へ吸い込まれました^^


************





[PR]
by lomia | 2014-12-12 14:36 | 2014 オーストラリア | Comments(0)

オーストラリア旅行1~2日目(ウルルカタジュタ1)


11月中旬、JB父の7年に1回のリフレッシュ休暇を利用し
オーストラリアへ旅行してきました。
JBはふたりとも生まれてはじめてのお留守番でいきなり10日間!・・ごめんね。

1日目は成田夜出発で約9時間半のフライト
シドニーに朝着いて乗り換えて
3時間半でオーストラリア最初の目的地
エアーズロックの空港着は二日目のお昼頃。
時差がさほどないのは楽だけど意外に遠い南半球です。

d0033336_22190535.jpg




今回自由旅行ですがエアーズロック観光は日本人のツアーに参加。
空港で日本人スタッフが出迎えてくれて大型バスに乗り込みます。
楽ちんデス^^


d0033336_22132154.jpg



エアーズロックは先住民族アボリジニの言葉ではウルル
近くのオルガ岩群とあわせて正式名称ウルルカタジュタ国立公園
世界遺産です。

d0033336_22132438.jpg


ホテルにチェックイン後あまり休む間もなくサンセットツアースタート


d0033336_22133050.jpg


まずはカタジュタの全景を鑑賞し
ジブリアニメナウシカのモデルになった風の谷へハイキング

南半球はこれから夏
オーストラリアの広大な砂漠地帯の真ん中のここは炎天下40℃
湿気はないのですが痛いほどのまぶしい日差し。
日陰はだいぶ楽ですが日陰となる木などほとんどなし。
すごいところですが風の谷という名の通りたまにそよ~っと生き返るような風が!


d0033336_22133322.jpg


出発前に風邪をひきマスク姿のワタクシには
砂漠地帯国立公園規則で必携の1.5リットル水ボトルリュックしょって
過酷な4キロウォーキングでしたけど、このスケールはやはり必見の価値あり。


ウルルのサンセット鑑賞ポイントに移動
ツアーで用意してくれたスパークリングワインで乾杯!
グラスに映った逆さウルルと美味しいおつまみを楽しみながら
刻々と変わる一枚岩の表情を観察。


d0033336_22133936.jpg


7時を過ぎて一枚岩が黒いかたまりに見えてきたころ
キャンドルの揺れる砂漠のディナー会場へ移動
オージービーフなどのBBQグリルやサラダバー食べ放題ですが
お皿ワンラウンドでお腹いっぱいでした。

d0033336_22134196.jpg



テーブルをちょっと離れただけであたりは真っ暗! 素晴らしい星空です。
40人の参加者みんなで地べたにあおむけになって
ツアースタッフさんから南半球の星座の説明アボリジニ伝説を聞き、
サンセットツアーはお開き。
ホテルに戻ったのは10時をすぎていました。

ワイルドでエキサイティングでロマンティックでハードな初日でした!


************







[PR]
by lomia | 2014-12-11 00:34 | 2014 オーストラリア | Comments(4)