<   2017年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「送り出しバックスイッチ」と「ただのバック」


2017のアジもタンタンとはじまっています^^
レッスンは週1回のペース。
競技会が続く時期はどうしても成績結果レポばかりになりがちですが
レッスンでやったこともなるべく記録していこうと思います。(←真面目!)
ノートと名付けたこのブログ。
せっせと自分のために活用しなきゃ!^^です。

d0033336_22390244.jpg


で、先週は「バック」をやりました。
バック」は犬だけの外まわりターン。犬はハンドラーの前を通ります。

送り出しバックスイッチ」との違いは進行方向。
速やかにターンして折り返すようなときに使います。
ハンドシグナルは送り出しとほとんど同じようなかんじですが
バックのほうがよりコンパクトに。
送り出しのときに「ホップ!」と言うタイミングで「バック!」と言います。

ハンドラーも同じ方向で一緒に回りながらターンするのは「まわれ」です。

エア」で先行してスイッチしてから「まわれ」でターンというハンドリングが
間に合わない時というか、すこし楽なやり方?が「バック」。
という使い方になるのだと思います。(たぶん)

かぶせる」というハンドリングもこれに相当すると思われます。(そうよね?)

文章にするのは難しい!

バック」がうまくいくとウヒッと楽しい感じになります^^



1/9に行われたスクール杯での写真をいくつか載せておきます。
HIROさんいつもありがとうございます!

d0033336_22385011.jpg



d0033336_22385511.jpg





d0033336_22390874.jpg


ビオちゃん真剣かつ楽しそう!
いい表情だね^^*


d0033336_22391500.jpg





d0033336_22393358.jpg



そうそう、これは苦手のシーソー↓


d0033336_22383722.jpg

スクールで使うスチール製のシーソーは問題なく乗れるのだけど
競技会ではスチール製のでなくカラフルカラーの木製シーソー
で、ビオはそれが嫌い。
2度に上がってから一度もシーソー一発で乗れず><
なので練習の時も木製シーソーで!とお願いし
先週からやっとそうしてもらえるようになりました。

その成果がなんとか出てくれますように!(悲願)


d0033336_22384352.jpg

たのむよビオちゃん!



***********




[PR]
by lomia | 2017-01-24 00:03 | ビオアジ | Comments(4)

ドライハウスミュージアム&ギャラリー @ chicago


シカゴで鑑賞してきたたくさんのティファニーステンドを
紹介します。

Driehaus Museum

まずは2003年に設立されたドライハウスミュージアム
ここは19世紀シカゴの銀行家ニッカーソンの邸宅で
歴史的なデザイン建築、壮大なインテリアや家具、
素晴らしい装飾芸術のコレクションが当時を再現して
展示されています。

d0033336_22274635.jpg

贅をこらした装飾家具などもすばらしかったけれど
私のお目当てはステンド。

スマホ撮影、技術がなく写りが悪いですがなんとか見れるものをUPします。


d0033336_22275501.jpg

d0033336_22280089.jpg


d0033336_22280643.jpg


d0033336_22281468.jpg


d0033336_22282039.jpg

高いところでピンボケもいいところですが
雰囲気だけでも残しておきたいので載せます(汗)


d0033336_22403905.jpg
これはちょっと地味ですがキャビネットの扉に施されたもの。



d0033336_22285985.jpg

なんといっても圧巻はこの天井ドーム!

この画像では素晴らしさを伝えきれないのが残念。

d0033336_22505614.jpg



場所を変え、ミュージアムからほど近いミシガン湖に突き出た
ネイビーピアのギャラリーへ

Driehaus Gallery of Stained Glass at Navy Pier

こちらにはティファニーのパネル作品のコレクションが展示されています。


d0033336_22282294.jpg



ガラスの説明です。

d0033336_22282914.jpg


d0033336_22284452.jpg



d0033336_22283876.jpg



d0033336_22290180.jpg



宗教画ではなく自然だけを描いた作品もたくさんあるティファニー

d0033336_22285570.jpg


美しい色と奥行きに引き込まれます。


d0033336_22290724.jpg




d0033336_22285091.jpg


d0033336_22291879.jpg


ふんだんに使われているリップルグラス。


d0033336_22292233.jpg



d0033336_22293059.jpg


シカゴの風景、ミシガン湖と高層ビル群を描いた大作



写真は撮り切れません。これさえあれば!

d0033336_22293863.jpg

重いけど図録買ってきました^^


************

2016シアトル&シカゴの旅レポ やっと完了しました。






[PR]
by lomia | 2017-01-22 00:10 | ステンドグラス | Comments(0)

ゴルガラス♪♪


久々のステンド記事をば、、

あっという間に新年も10日が経ってしまいました。
明日から教室も平常営業。
たった週2回のステンド教室ですが細々と続いています。

ワタシの製作はひところよりだいぶペースダウン
作りたいと頭に描いていたものもココロの引き出しにしまったまま。。

が!

また作ろう!という気にさせてくれた嬉しい出来事が
昨年夏ありました^^v(今頃の記事でスミマセン)

それは

d0033336_18214228.jpg
↑アメリカのガラスメーカーウィスマーク社製
ミディアムアンバーウィスピーイリディッセントWOIR58 ゲット!

私がゴールデンレトリバーをステンドで作る時ガラスは必ずコレ。
でも何年も前に廃盤になってもう手に入らないとあきらめていたガラスです。


昨年夏アメリカ旅行に行った時
日本では売っていないステンド用仕上げ剤を購入するため
シアトルにあるステンドグラスショップを訪ねました。

d0033336_17392840.jpg
そこでひょとして万が一あの廃盤ガラスが棚の隅に眠っていないかと思い
探して見たらなんと!  あったのです‼
その時の嬉しさはなんといったらよいか~~~♪

大判1枚(カットしてもらって小判4枚分)と破ガラス2枚
仕上げ剤もボトル4本、お店の在庫全部大人買い^^

液体ボトルは預けるスーツケースに入れなければならず
それだけで規定重量の大半をしめてしまいます。
もうほかのお土産は買えませ~ん。
想定外購入のガラスは割れないよう衣類などで厳重にくるんで
機内手荷物のリュックに。
その重さが半端なく、運んでくれたJ父に感謝感謝(笑)


こうして昨夏、久々に我が工房のガラス棚に
ゴルガラスWOIR58が納まりました。

さあ今年は4姉妹ⅬMJB作品作るぞ~♪
ガラスがあるというだけで安心して
のんびりしてしまわないよう気を付けよう^^;



*************



2016夏シアトル&シカゴの旅、日付偽装でUP中です。
こちら





[PR]
by lomia | 2017-01-10 22:18 | ステンドグラス | Comments(4)

酉年だけどね^^


新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

d0033336_00034504.jpg


たまたま年末に作った作品のモチーフが沖縄の鳥ヤンバルクイナ
ヤンバルクイナは鳥だけど飛べません。そんな鳥もいるのですね。

ワタシB母も酉年だけど飛べません。
いろんな意味で飛んでみたいけど^^

まあ今年も我が道をコツコツと歩きましょう。
そして時には相棒ビオとエイヤっと走る(笑ってやってください)


d0033336_00035749.jpg


起きたて、寝室の窓から見た初日の出。
さあ初お散歩にでかけよう!

d0033336_00040929.jpg


といっても、いつものコース

穏やかなお元日、のんびり過ごしました。

d0033336_00042233.jpg


そして初日の入り^^

またもやいつものコース

d0033336_00044009.jpg



ジョアビオ、今年もお付き合いよろしくね^^



あ、ジョアにかける呪文を思いついた!

パイナッポーアッポーヤンバルクイナ
トベナイトバナイトバナイヨ、オリコ―!

ビオへの呪文も至急考えないと。。


************






[PR]
by lomia | 2017-01-02 01:07 | 暮らしと自然 | Comments(4)