ラスト10日のこと。


あまりにもあっけないというかあれよあれよという間の10日間でした。
ジョア子の潔い幕引き
思い出せば悔しくて悲しくて苦しくて切ないけれど、
書き留めておこうと思います。

最初に異変に気付いたのは7/28
元気良く川遊びをしてシャンプーした二日後のことでした。
ごはんの前にいつも「早く早く!」とワンワン吠えるのに
あれ?今日は吠えなかったね?ちょっと元気ない?。。。
でも完食。

たいした異変ではないと思ったけれど
あとから冷静に考えればジョアが吠えないなんて
すごく大きな異変だったのです。

これが2日続いて、夏バテ?トシのせい?と様子見。
その後同じような感じで4日目朝までは完食。
散歩や便もおやつの意欲もまあまあいつもどおり。
しかしやはり変、、と心配になり
もうすぐ10歳のシニアずっと気になっていたドッグドックも受けたいしと
少し遠いが信頼するY市の病院に予約をいれました。
が、とれた予約日は休診日をはさんで二日後。
その直後からご飯を残すようになり
便も少し軟便になってこの2日が長かった。。
あれ?と思った時
なんで近くの病院にすぐ連れて行かなかったのかととても悔やまれす。

結局あれ?と思った日から6日目ようやく受診

採血とエコーで診断された病名が「脾臓の血管肉腫」でした。
(病理検査をしていないので断定はできない)
破裂はしていない。肝臓への転移もあり。
血液検査の結果→黄疸、炎症反応値計測不能、
強度の貧血のため手術は出来ない。輸血はしない方針の病院なので
出来ることは点滴で貧血のレベルを改善する治療のみ。

受診初日の午後、点滴を開始してすぐにはじめて嘔吐あり。
吐き止めの薬が処方され結局嘔吐はこの1回だけでした。
止血剤、造血剤、炎症止めの抗生物質、肝機能強化などの薬を入れた
ブドウ糖液の点滴を朝9時半~夕方5時半までゆっくり1日かけて入れます。

酷暑の中片道1時間ちょっとかけての病院通い
朝8時半に家を出て夜7時過ぎに帰宅。を初日+4日間がんばりました。
病室は22℃設定で人にはかなり寒かったけれどずっと一緒にいました。
1~3日目は「出かけるよ!」「帰るよ!」の掛け声で
車に飛び乗り運転席の横から顔を出す外出好きなジョアでしたが
4~5日目はもう介助しないと乗れませんでした。

食欲はどんどん減退し
点滴2日目の朝はトッピングのお肉だけ。おやつにカロリーメイト少々。
3日目、なんでもいいから食べれる物食べさせてよいと言われ
セブンのメープルバターパンケーキをちぎってあげたら
まるまるひとつ分食べてくれて母さんを喜ばせてくれたけど
まともに何か食べたのはそれが最後でした。
唯一アジの合間にあげていた大好きな牛乳水は
最後の夜までよく飲んでくれました!
自宅でのトイレも最後の夜までは自分で庭に歩いていって出来たし
階段は介助したけれど夜中の寝場所移動数回も自分で動いていました。
酸素吸入の機械をレンタルしましたが
鼻先に置くだけのマスクなので気が付くと置き去りに、、、笑


赤血球HCTの正常値は40~60 10以下は危険とのこと
ジョアの受診初日から5日目までの値は20→17→16→16→14
この腫瘍は幸い痛みはそんなにないとのことでしたが
こんなにひどい貧血でほんとうによく頑張ったジョア子です162.png

腫瘍は破裂していないのにこんなにぐんぐん貧血が進むのは
腫瘍からの出血ではなく腫瘍から出る悪い物質によって引き起こされる
「免疫介在性溶血性貧血」になっていたようで
方針を変えて4日目は少量、5日目は多目にステロイド剤が投与されました。
これが効かなかったのか、効きすぎたのか、遅かったのか、はわかりません。
6日目も点滴通院を予定していましたが
朝、あまりにぐったりとしていて
庭に抱えて連れて行きトイレをうながしてもへたり込んでしまう状態。
亡くなったのは部屋にもどって、もう今日はゆっくり家にいようね、、
と決めた矢先でした。


d0033336_00274643.jpg


おまぬけな私たち、実はその瞬間に寄り添えませんでした。
ジョアちゃん、ほんとうにごめん145.png

まさかそんなに急いでいってしまうとは思わず、
いつもどおり「半分青い」を見ながら朝食タイム。
ドラマが始まる直前には「バナナたべないかな?」と
父さんが鼻先まで持っていき「やっぱり食べないや」と戻ってきました。
わこさんが「この広い野原いっぱい♪」を歌うしんみりしたシーン
なにげに「息しているよね?」とジョアを見るとサーキュレーターの風で
ふわふわとお腹の毛が揺れていて、上下している気がしたのです。が、
ドラマが終わってジョアのところに行った時はすでに息していなかった。。

食事&ドラマタイムいつもワンワンうるさくて困ったちゃんのジョア子が
その時間にあまりにも静かに、とても静かに、
眠るように、逝ってしまいました。


************





[PR]
by lomia | 2018-09-04 13:41 | joa | Comments(0)
<< 後悔とありがとう。 キャンプ2018 ④ >>