<   2011年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ソーダ色の森

先週末、シーズン2回目のキャンプに行ってきました。

d0033336_2254926.jpg

カラマツの新緑が疲れたロー眼に染み入る感じ。
この透明感のある緑色はいったい何にたとえたらよいか。。

いきなり夏の気温でふっと飲みたくなったメロンソーダ。
あれだ!あの色!!って妙に納得する隠れメロンソーダファンのローミーJ父^^

d0033336_2233723.jpg

あまりの暑さで川プールへ
ひとしきり泳いだら、対岸に新ルート探索。
シニアチームは遠慮しておこうと今まで踏み込まなかったマサビ山への道。

そのつもりでこなかったので、今日は途中までで戻ります。



次回は是非登頂めざそうね、ジョアちゃん♪


d0033336_224810.jpg

一見ジョアのワンマンショー^^

でもね、母には見えましたよ。
ソーダの森のあちらこちら
ミルミルアワとローリーアワがシュワシュワポンポンはじけてました003.gif

d0033336_225012.jpg



d0033336_23141737.jpg


ひっそりと咲いていたやわらか色の春の花たち♪

d0033336_22593647.jpg



*************
[PR]
by lomia | 2011-05-25 22:49 | キャンプ | Comments(10)

1ヵ月と2日


はじめての月命日。たいしたこともせず無事過ぎました。
我が家のいつものお誕生日のように^^;
今日は1ヶ月と2日目。

なんかなぜだか全然平気って思っていましたが、今もそれはかわりませんが、
じわじわと、ほんとにいなくなっちゃったんだ。。これはほんとのことなんだ。。
ちょっとあずけてて明日かえって来るわけじゃないんだ。。
もうずっとかえってはこないんだ。。よ。。ね。。
とココロの中で確認している自分がいます。

ひどく患う様子見せずにニコニコとあまりにすっといってしまったからかもしれません。
もし明日かえってきたら、何事もなかったかのように今までの暮らしを
自然~に続けてしまいそう。。

トシのせいですかね、瞬き(まばたき)一回で1週間が過ぎるような感覚
毎週同じテレビ番組をみていて、あれこの番組みたのついきのうのことじゃなかった?
って感じるようなことありませんか?
瞬き1回したら、また目の前にミルミルが口膨らませて(笑)座ってても不思議じゃないような、
そんな感じです。ほんとにそうだったら、最高なんだけど。

家の中はなにもかわっていません。
寝室のベッドも特に専用はきめていなくてジョアと兼用だったのでそのままだし。
ただ車のシートが以前よりグズグズなのはミルミルが居た場所に
ミルミルの重みがなくなったせいかなと思われ、そこに目が行く毎日です。

ご飯も以前と同じように二人分作っています。
d0033336_17493898.jpg

ミルミル用のドライフードは1年近く前から認知症予防の処方食b/d(ローリーの前例から^^;)
ちょうどあの大地震のあと、物流が不安定だったし、災害に備えてもと
多めに買ってしまった7.5キロの袋がほぼまるまる。
お友達に食べてもらおうにもこの処方食はみなさん必要ないらしく。。
d0033336_17501257.jpg

せっせとトッピングしてお供えし、それをジョアが片付けています。
ジョアちゃん今から認知症予防!もう頭冴え冴えだねっ071.gif



そうそう、以前言いかけてた、なぜそんなに悲しくないのかという答え。

たぶん 『麻痺』 です。
または、『慣れた』?^^:

どんなことでも初めてのときはすごく感動するものです。
同じこと2回目以降は感動薄れます。
そうやって喜怒哀楽の少ないオトナ(オトシヨリ)になっていくのかな、
あーやだわって思いますが悲しいことの場合はその方が楽ではありますね^^;

まだローリーが若いうちから その時を想像しただけで、、
またお友達や、知らないネットのワンさんの訃報に接しただけでも
ウルウルオイオイ来ていたワタシ。
そしてローリーとの別れ。どれだけ泣いたか。なのに。

はじめてイヌを飼ってから17年、かなり『悟り』を開いちゃった。。ということでしょうか。


え~~っ!アタシの時には悲しみ感覚マヒですか?!
って、ミルミル、お空で膨れているかもしれません(笑)

d0033336_17505642.jpg


フフ、母さんそのお顔スキだもんね^^


やっぱり『マヒ』とか『ナレ』はいまいち人聞き悪いかな?
そうだ!アトムの子の母なので 『強くなったから!』 に変更します017.gif 

d0033336_17514644.jpg

うん、我ながらいい答えみつかったど。。(笑)


*************
[PR]
by lomia | 2011-05-20 18:08 | milmil | Comments(6)

動くミルちゃん一挙公開 ♪ その2

1に続き2も、なんってことはない飼い主だけが二マッ。。。な動画ですが
よろしかったらどうぞ^^

(音量にお気をつけくださいね)

おっと。。シツレイ (4/10)
車から降りて桜のトンネルを抜けたらすぐそこにわ~い♪って走る原っぱがあります。
シツレイ、まずはチィッと用を足しまして。。^^;

偶然写ってしまったこの見慣れた後ろ姿。あらまと、消しません。
今となってはこのポーズさえとっても愛しいデス^^ゞ



くぐれ (4/3)
今年からアジをはじめたジョアのお付き合いでM町のドッグランにやってきました。
楽しそうにホップホップしてるジョアに対抗して
ミルちゃんにもなにか出来ないかなと母は考えましたョ

新種目、みごとクリア!049.gif(爆)


お花見散歩 (4/12)
まとまって歩いたのはこれが最後でした。
まさかこんなに歩かないだろうと思い、後ろ足用の靴を持ってこなくて、
ま、いいかと歩かせたら、爪がこすれてちょっと流血しちゃったね><ごめんね。

高いところに乗せられるのを異常に怖がり、よくナックリングしてしまい、検査の結果
脊椎から後ろ足にかけて先天的な神経欠陥があるとわかったのはたしか4歳ぐらいの時。
医者から永久的に階段&思いっきり走るの禁止を言い渡されました。
それから自宅の階段は常に介助。
10歳過ぎないうちに完全に後ろ足は麻痺して車椅子の生活かも。。と思っていました。
でもそんなことはおかまいなし元気いっぱいのミルミルにいつもハラハラ><
そんなミルミルが14歳になって最後の最後までこんなに歩けたこと
ほんとうにうれしくありがたいです。
パピーの頃から前足が熊のように太くて立派だったからね^^ⅴ
体ってそういう風に自然にバランス保つようになっているのかもしれません。
自分が障害あるなんて思っていない。
後ろ足ひきずってもこれが普通と思ってるからノープロブレム。
前足高くあげてひょンひょン歩く様子はとても楽しげで
まわりのみんなも明るい気持ちにさせてくれたね。


お水だよ (4/17)
道了尊の駐車場キャンカー内にて
結構勢い良く飲んでます。続けておやつ食べてくれたとこも撮っておけばよかったわ。
といってもこれ撮るつもりでなく撮れちゃったローミー家お得意の1秒動画(汗)
またやっちゃいました^^;今回は3秒だったけどね(爆)



『動くミルちゃん』これでおわりです。

このさいうっかりでもなんでも全部まるごと撮れちゃっててもよかったのにな(笑)
そうそう、ご飯食べてるところはいつか撮ろうと思っていて撮ってなかったです。残念。


************
[PR]
by lomia | 2011-05-14 23:36 | milmil | Comments(6)

動くミルちゃん一挙公開 ♪ その1


有難いことにほとんど最後まで普通に暮らせたミルミル。
ローリーの時と違って動画もボチボチ残せました。
デジカメも1月に新しくしたばかりだったしね^^v

( ↓ 音量に注意してくださいね。)

いちにっいちにっ♪ (3/13)


原っぱの草地が足に優しくて、おやつ母さんを追ってどこまでも。。♪



就寝前の執心(3/11)
このショットは貴重です!

毎晩就寝前に今日のラストおやつ(歯磨きガム)を一個もらって寝るのですが
寝た。と思ってもしばらくするとむっくり顔をあげこちらをみつめてワン! 
口膨らませてもう一回ワン!
こちらがなに?と気がついたところで起き上がり、おやつのある場所に母を誘導。
しかたなく別のおやつをちょこっとあげて寝かせつけるが、しばらくするとまたワン!
これを4~5回繰り返す。。。という日々がほぼ14年続いたのでありました。
ちょっとうざかったけど(汗)、これが元気のバロメーターだったな(笑)
笑顔にも増してミルミルのこの真剣なふくれっ面が超かわゆく、たまりません。
大好きっ^^010.gif


桜咲いたね(4/9)


桜は満開。
上までは無理かな~って思ってたのに
お友達ワンにあって楽しく歩けちゃったある日の夕方B公園。


*************
[PR]
by lomia | 2011-05-13 23:01 | milmil | Comments(6)

追悼キャンプ


2011は我が家ビブ暦10周年!祝〇印なキャンプシーズンの開幕です。
GW後半2泊3日で行って来ました。
開幕が『追悼』って祝賀ムードには水さすようですが、
ミルちゃん区切りよろしい頃合の潔い幕引きだったから仕方ありません。
それに まだまだ早春、いえ冬?><のこの高原、
色合い、温度、すっきり抜けそうで抜けない空模様
我が家の想いにはピッタンコで、なんといいましょうか、オアツラエ。。

d0033336_2115239.jpg

おきまりの渋滞もあったにはあったけど、身構えず、気にせず、受け入れて^^
もっぱらドライブ中の話題。。「なんでそれほど悲しくないのか?」
いえね、3年前のローリーの時は、この思い出いっぱいのキャンプ場に来ることが辛かった。
なのにね、今回は全然大丈夫なんですよ。

え、なんで?なんでだろう?って。。よおく考えてるうちにわかりました。

ま、その答えは、いずれ別記事にて。

d0033336_2122138.jpg
10年。。ヒトもそれなりトシをとりました。
寛容でクールなオトナになったということにしておきます(爆)
サイトはどこでも気にせずあったところでOK
セッティングは簡素化の一途、
タープなし、BBQも焚き火もなし、懐かしいお味のお鍋ひとつで温まれればもうなにも^^;

あ、ワンコは最低1匹は必要デス。
ジョアちゃん、父母のこと頼みましたよ(笑)


とそこに救世主現る♪
こんな父さん母さんで、なんだかなぁ><だったジョアちゃん、いっぱい遊んでもらってよかったね!
d0033336_2125133.jpg
フラットのジューン君ははじめて会った時すうっとココロ許せたお友達。
思えばあの時ジューン君はお姉ちゃんを亡くしたすぐ後だった。
2回目の今回はジョアがお姉ちゃんを亡くしたすぐ後。。
不思議なご縁、何かきっとあるんだね。


1日ずれてエル家と合流です。
d0033336_2131340.jpg
11歳のエルちゃんもミル姉ちゃんのぶんまで張り切ってジョアといっぱい遊んでくれました!
だけど、ちいっと走りすぎたかも?おテテがプルプル。アイタになっちゃった><
ちょっとじっとしていたら治ったからよかったけど、これからはそこそこほどほどで、
ずっとずっと元気でいられるようによろしくお願いいたします^^ゞ


3日目早朝、去年は熊騒動で来れなかった山の神様まで散策。
d0033336_2134346.jpg
途中でお友達の近況も聞くことができうれしい気持ちに♪
せいせいとした頂上エリアでのびのび走ってきたジョアです。

d0033336_214057.jpg
ビブ上空、あちらのビブリでもローちゃんミーちゃんふたり元気に走り回る姿が。。!
チラリと見えたような。。!
そんな気がいたします053.gif


d0033336_2251168.jpg

帰路のJ、ぐっすりデス。
いったん場所決めたら絶対動かなかった背もたれ&枕役のミルがいなくて
ケージも持ってこなくて、広くてフリーでジョアちゃんさあどうする?
振り向いてチェックするたびに寝相と位置が変わってますた(汗)
荷物もぐずぐずジャン><


*************
[PR]
by lomia | 2011-05-08 15:08 | キャンプ | Comments(8)

ミルミルのリンパ腫まとめます。

いまさらだけど、ミルミルのリンパ腫闘病をサマリーしてみようと思います。

病名がわかってから、ついつい検索して闘病記をいろいろ読みました。
リンパ腫はGISTと違って犬にとても多い腫瘍。たくさんの記録を見つけることができます。
特にゴールデンは多いそうです。
でも読めば読むほど、苦しい最後で辛くなり暗くなり疲れました。

自分、こうして書きはじめて言うのはなんですが、
闘病記はじっくり読まないほうがいい!(笑)
その時間があったら目の前の愛するワンコをナデナデしていよう!

ということで、ミルミルの記録は読後に『暗くならない疲れない』をめざし
『明るく簡潔に』を心がけマス^^
以下↓文章読まないでミルちゃんのかわゆいお写真016.gifだけ見て流してくださってよいからね~~


d0033336_193834.jpg
1月 田んぼの枯れ草がアンヨに優しかったね。


多中心型リンパ腫 B細胞型 ステージⅢa(全身に複数の部位のリンパ節の腫れ)

昨年12/26より抗がん剤+ステロイド治療(UW25プロトコール) 開始
ステロイド(ブレド二ゾロン)は多め45㎎でスタート。その後週単位で減量、休止適宜再開。
この時点でシコリは日に日に大きく硬くなっていました。
サブステージの全身性症状の有無は『なし』の評価aとしていますが、
ミルミルにしてはめずらしく食欲がイマイチの時が1~2回あっておや?っと思ったりしていました。

ウィスコンシン大学のUW25というプロトコールの抗がん治療は
完全寛解率84%生存期間中央率12ヶ月、2年生存30%です。

14歳間近という年齢ではなにもなくてもあと1年はなかなか難しい。
プロトコルは25週。6ヶ月もの長い期間抗がん剤使用に耐えられるか?
やれるとこまでやるしかないと開き直りつつも、
なんとなくミルミルならいけちゃうんじゃないか?と思ったりもしていました。
でも結果蓋をあけてみればわずか4ヶ月。。
無治療なら4~6週間の命だったのだから頑張ったとは思うけどちょっと悔しいデス。。

d0033336_195113.jpg
2月 雪遊び冷たくて気持ち良かったな!


出だしがまずかったと思っています。
出来ることなら5ヶ月前に戻りたい。。

診察を受けた時すでに腫れだして1ヶ月はたっていたと思う。
普段から首のリンパ節が大きかったミルミル、数年前に気になって調べた時なんでもなく
常に少し腫れてはっきりさわれる状態が普通だったので、
大丈夫と思ってしまいすぐに検査しなかったことが非常に悔やまれます。

そして初動の抗がん剤として大変有効なL‐アスパラギナーゼという薬が、
1年以上服用していたGIST(消化管間質腫瘍)の薬イマチブと相性が悪く使えなかったこと。
結局は3週目以降にイマチブを休止し、L‐アスパラにたよる治療となったわけで、
その後イマチブは再開することなく終わりました。
途中何回かやったエコーやレントゲンでは最終的にGIST再発らしき影はありませんでした。
ミルちゃんGISTには勝った!といえますよね、ね^^v

1ヶ月発見が早く、そして最初からイマチブを休止してL- アスパラを使っていたら
完全寛解して1年の生存もありえたかも。。と思うのですが
先生は、GISTの薬はたとえ分子標的薬でも抗がん剤なので、
1年以上も使っていることですでに体に負担があり、
これからさらなる抗がん剤がどれくらい効いてくれるかはかなりむずかしいという予想でした。

こんな状況でスタートしたミルミルのリンパ腫治療です。
1週目のビンクリスチンではしこりも引かず下痢嘔吐。
2週目のシクロスフォスファミドは副作用もないけどしこりも引かず。
でUW25のプロトコルはあっけなく挫折しました。

3週目に投与したL-アスパラギナーゼが良く効いてやっとシコリが引きホッとしました。
その後はまたシコリが大きくなったらL- アスパラで押さえ
回を増すごとに効力が落ちるこの薬の間隔を少しでも長く保てるよう
補助的に中間にもう1種類抗がん剤アドレアマイシンを投与するという治療方針に変更。
だいたい2週間に1回の抗がん剤ペースでした。
この2種の薬では血液検査でひどい骨髄抑制などの副作用はほとんど現れず
さすがミルちゃん!と先生も驚いていました。

シコリの増大と縮小をくりかえした4ヶ月。ほぼ毎日体温を測りました。
シコリが小さいうちは体温が37度台、大きくなってくると38度台
最大で危険なサイズになると39度台。(これは最後の頃に1~2日あっただけでしたが)
シコリがさらに首を圧迫しないよう枕を調整し、熱が出始めると息も荒くなってくるので
アイスノンなどで患部や体を冷やしました。

L‐アスパラギナーゼ4回。アドリアマイシン3回投与したところでアスパラの効力も先が見え
アドリアマイシンの効果はもう全くないことから新たな抗がん剤を検討。

最後に試みた抗がん剤ロムスチンは毒性が強くゆっくり残り、
効果も副作用も2週間目ごろから出て3週間目まで続くという薬です。
うまくいけばという期待もあるがもしもの覚悟が必要と主治医に念をおされての投与。
結果、投与後2週間目から体調が急下降し最後にはシコリは小さくなったけれど、命も。。
という結末でした。

ロムスチンを使ったことは失敗だったかもしれません。。
でも使ってみないとわからない。。人間のガン治療でもこういう結末をよく聞きます。

ロムスチンを使わなかったらもう少しだけ(せいぜい1~2週間?)生きれたかもしれない。。
でも体はなんとか体力あっても首のシコリが気管を圧迫し苦しくて苦しくて。。安楽死も。
という状況になると聞いていたので、それはとても辛くなんとしても避けたかった。
ロムスチンの副作用はミルミルの場合は全身的な貧血症状。
激しい下痢嘔吐などはありませんでした。
微熱と戦いシコリの最悪な増大はなんとか抑えられ息遣いはさほど荒くならずにすみました。
白血球の数値が急上昇したので、ロムスチンに関係なくなにかが起こっていたのかも。
最後の数日で、急速に食欲なくなり静かに弱っていった感じです。
これでよかったのだと思うことにします。


d0033336_110855.jpg
3月 やっぱり公園には毎日いかなくっちゃ♪


さて化学療法は上記に述べたとおりですが
その他なにかワタシにも出来ることしなくっちゃ!とめんどくさがりやなりに調べて頑張った母^^

薬物(抗がん剤)から肝臓を守るハーブ⇒マリアアザミ
気休めかもしれないけどガンに効くサプリ⇒センダン
免疫サポート&体力低下時の栄養補給⇒AHCCイムノゴールドSS(同等品人間用を使用)
整腸⇒ビオフェルミン 関節に⇒グルコサミン(以前から続けていた)

ご飯(お魚、お肉、舞茸、黒大豆、海苔、サーモンオイルなど)にせっせとトッピング↑して食べてもらいました。いろいろなサプリあるけれど、そう全部とりいれられないですからね^^;

あとは~~
シコリが腫れていてもかまわずお出かけ、お散歩、無理なく楽しみました。これがよかったね^^
お散歩休むと、寝る前のおやつくれくれ遊び要求がいつまでも続きなかなか寝なくて大変。
元気な時と変わりません!
リンパ腫の腫れは大きくなれば熱をもったりしますが痛みはないので助かります。

免疫力が低下していて感染しやすい状態なのですが、そのへんあまり気にしていなかったなぁ
抗がん剤投与後1~2日は静かに様子をみますがあとは普通に。
わんこは自分の病気わかりませんから。動けるなら普段どおりが一番!

タイミングみはからって白馬へ雪遊びに出かけたことは、先生もびっくりしていましたが
逆に楽しいことは免疫力UPに繋がったと信じています!

首のシコリがパンパンでアンヨヨレヨレでどうかなぁと思っても
出かけると元気になっちゃうミルミルがかわいかった!
ミルミルの持ち前の性格、ゾンビちゃんと呼ばれる所以でしょうか。
リンパ腫の最後ってどうなっちゃうの?ととても怖かったけれど
1週間前まではちゃんと食べれて体重もかわらなかったし
ニコニコゾンビなミルミルらしさをほぼ最後まで発揮出来ました。。。ミルちゃん偉かったよ!


d0033336_1102565.jpg
4月 しつこくお花見したっけね~^^*

闘病はたったの4ヶ月だったから、リンパ腫としては成績悪くあまり参考にはならないと思いますが
もし検索でたどってこられた同じ病気で不安に悩む飼い主さんがいらしたなら一言。

必要以上に嘆いたり不安がることはないです。

老化による故障や変化も、不治の病も、同じ。
言葉がいえない動物の、こっちを見て!あと少しになっちゃったんだからもっと一緒にいて!
というサインだと思います。
まだ時間はあります。勇気をもって治療に取り組み
1日1日を大切に愛犬と寄り添って、必ず来るその日まで、
普通に、いえ今まで以上に明るい笑顔で、暮らしていただけたらと思います。


*************

[PR]
by lomia | 2011-05-01 17:02 | リンパ腫 | Comments(14)