イタリア旅行6日目 フィレンツェ①


フィレンツェの街は広さが直径3~4キロほど
観光ポイントはほぼその中にあるのですべて徒歩で回ります。

今回の旅の目的
父さんは本場のカジュアルなイタリア料理を食べること。
私は歴史ある教会のステンドグラスを見ること。

フィレンツェには見逃せない素晴らしいステンドグラスがあり
その5か所の教会に的を絞って回りました。
ステンドグラスの写真は別記事にてUPすることにして
ここではとりあえず歩いたコースをたどります。


サンタマリアノヴェッラ教会
d0033336_20274271.jpg
大理石の壁もフレスコ画など内部の装飾も
素晴らしかった!
d0033336_20275450.jpg
d0033336_20280206.jpg



サンタマリアデルフィオーレ教会
ドォーモ

d0033336_20280927.jpg


内部のステンドグラスはあまりにも高いところにあって
うまく写真が撮れません。
クーポラに登るには予約が必要。

d0033336_20282959.jpg


高さ85Mのジェットの鐘楼
414段の階段を頑張って登りました。
レリーフの細い窓からクーポラと町並みを覗くのも一興


d0033336_20283537.jpg

観光馬車の馬もこの時期はトナカイ


オルサンミケーレ教会
d0033336_20284097.jpg

もとは穀物倉庫だったというなごりを見ることが出来ます。
花火のようなバラ窓がかわいらしい。


街角でかんたんランチ
マッシュルームピザ、ジェノベーゼペンネ
d0033336_20284557.jpg

テラス席の囲いに鳩が2羽入り込んでしまい
人慣れし過ぎてて今にもピザをつつきそうに寄ってくのが怖かった!




d0033336_20285241.jpg

ヴェッキオ橋とアルノ川



d0033336_20285937.jpg

ピッティ宮から続く小高い美しい公園
世界遺産のボーボリ庭園
石畳の町歩きが続いたので緑豊かな空気感がたまりません!

こういうところを歩くと
犬連れじゃないのがもったいないと思ってしまう性


ボーボリ庭園からバルディー二庭園へ

このあたりは高級住宅の高い塀で覆われ
景観が全く分からない細い石畳の道が延々続き
ちょっと迷子になりました。


眺めは最高です。春から秋は季節の花がみごとだそうです。

d0033336_20290300.jpg


丘から街へ下る公園の散策路
一帯にローリエの木が茂りしっとりとなんともいえずよい香り


サンタクローチェ教会

d0033336_20290859.jpg


西日をうけたステンドグラスが素晴らしかった。


d0033336_20291355.jpg


オーナメントを売るテントが並び賑やかな
サンタクローチェ広場の市 
クリスマスバラードの歌とギターの生演奏が
優しく響きわたっていました。



d0033336_20291843.jpg


細い路地


フィレンツェもたくさん歩きました。
26000歩!

d0033336_20292311.jpg


夕食はサンタマリアノヴェッラ広場に面したレストランで
またまたピザ^^
チーズの盛り合わせには洋ナシとはちみつがついてくる。
不思議に合う組み合わせ。
ワインはトスカーナ州の銘醸 ルフィーノキャンティ


************






# by lomia | 2018-12-14 20:26 | 2018秋冬 イタリア | Comments(0)

イタリア旅行5日目 移動


イタリア5日目 
4泊したローマから次の滞在地フィレンツェへ移動

d0033336_16012262.jpg


テルミニ駅で発車待ちの時間に軽く海苔巻きパックのランチ♪
ここではじめてちょっとだけ日本食^^
当たり前のように手ごろな寿司弁当が売られていました。
中身はアボカドとサーモン。すし飯が今一歩でしたがまあまあ(笑)
食べていたらジプシーのような女性に物乞いされひとつあげたらまずそうな顔されました><


イタロ高速鉄道
ローマ→フィレンツェの所要時間は約1時間半

d0033336_15524727.jpg

曇り空が残念でしたが車窓は目に優しい長閑な田園風景が続きます。
ずうっと石畳とレンガと大理石の街にいたので
な~んだイタリアにもこんな田舎があるじゃない!と
電車の揺れに身をゆだねほっするひと時^^


d0033336_15525507.jpg

フィレンツェSMノヴェッラ駅から徒歩5分のリボリブティックホテルは
間口に対して奥が深く中庭があるこじんまりとクラシックなお宿
ここに3泊します。


フィレンツェ最初の夕食は検索でみつけた歩いて数分のところにある
トラットリア Il Contadino
農夫の食堂という意味のトスカーナ地方の田舎料理のお店
2~3品を選ぶセットメニューが安くてボリュームあって
美味しいとの評判通り!

d0033336_15530088.jpg

ウサギ肉、骨付き豚、ほうれん草のソテー
ソーセージと豆の煮込み、きのこのフェトチーネ、サラダ、赤ワイン
お肉は骨が多いので見た目よりはボリュームはなく
(でもお腹いっぱい^^)
素朴な盛り付けが家庭的で温かみがあり美味しかったです164.png


************




# by lomia | 2018-12-13 17:16 | 2018秋冬 イタリア | Comments(0)

イタリア旅行4日目 ローマ③


ローマ滞在最終日
ちょっと郊外にでも行ってみたかったのですが
無理せずお土産など物色しながら近場の見逃したところを見て歩くことに。

ホテルから徒歩5分 テルミニ駅にも近い
サンタマリアマッジョーレ大聖堂には
昨日までの教会巡りで意外に出会わなかったステンドグラスの丸窓。

d0033336_10380069.jpg


丁度朝日がさしこんで
古代ローマの神殿から運ばれたという白い柱に反射した色ガラスの虹色!
その美しさにしばし感動。

d0033336_10380798.jpg


目を足元に転じればまたまた美しいモザイク大理石の床。




テルミニ駅で明日の移動のイタロ鉄道のホームを確認したあと
地下鉄で2駅のバルベリーニ駅下車
カプチン派修道会博物館(骸骨寺)へ
4000人の修道僧の骨で礼拝堂内部が芸術的に装飾され埋め尽くされています。
何と言いましょうか。。。すごかったです。(写真撮影禁止)


すぐちかくの街角には「蜂の噴水」
バルベリーニ家紋章の蜂が3匹あしらわれた可愛い噴水。
d0033336_10381316.jpg

このまま徒歩でブラブラ
トレビの泉~トリトーネ通り~迷子になりかけたところで
たどり着いたのはクラシックなアーケードショッピングセンター!
ガレッリアアルベルトソルディ
1Fオープンカフェで休憩ランチ


d0033336_14052123.jpg
トマトミートラザニアと茄子のラザニア
イタリアのパスタ料理は馴染み深く
いろいろあって飽きません^^



またまた迷子になりあてずっぽうに延々と歩きます。
有名なポポロ広場にたどり着きました。
ローマの道は斜めに走っていたりするので
一本間違えるとどんどん違う方向に行ってしまうし
どこも似たような街並みでかなり迷路です><

d0033336_10382695.jpg

白い小型犬をカップルがお散歩させていました。


ここで地下鉄駅を見つけることが出来ました。
フラミニオ駅からテルミニ駅まで
地下鉄ありがたや。


今日は22000歩でした。


ローマ滞在最後の晩餐は
ネットで探した近場のイタリア料理店★4.5
アメデオリストランテ
d0033336_10383183.jpg

タラのフリット紫オニオンソース(←甘くておいしい!)
シーフードパスタ、チキンソテー、赤ワイン、イタリアンビア


モダンカジュアルなインテリア
美味しくてなかなか良かったです。



************







# by lomia | 2018-12-12 14:42 | 2018秋冬 イタリア | Comments(0)

イタリア旅行3日目 ローマ②


ローマ2日目はローマ観光のハイライト 
世界遺産ヴァチカン市国

大聖堂クーポラと宮殿博物館は事前にチケットを購入しておいたので
行列を回避してすんなり入場できました。


d0033336_15293462.jpg


広~いサンピエトロ広場
羊雲の朝空も広い!

d0033336_15294929.jpg



クーポラの狭く長い階段を上って見えた景色は格別です!

d0033336_15295730.jpg


d0033336_15300990.jpg


荘厳な大聖堂

d0033336_15301596.jpg


ベルニーニのブロンズ天蓋と鳩のステンドグラス他
見どころはいっぱい。
ローマの歴史は全くの不勉強なままこの地を訪れ
ただただその大きさと重厚さと精巧さと芸術性に驚くばかり。



d0033336_15302283.jpg


いったん外に出て博物館前のカフェでランチ
ローマが発祥のカルボナーラ 濃厚で素朴164.png


ヴァチカン宮殿博物館はたくさんの観光客ですし詰めでした!
オーディオガイドを聞きながら進みますが
押し合いへし合いで流れにそって歩くしかありません。

d0033336_15302823.jpg


メインの見どころは 
システィーナ礼拝堂 ミケランジェロの「最後の審判」
ラファエロの間 ヴェルべデーレの中庭
その他はもうたくさんあり過ぎて・・・

d0033336_15303307.jpg


ヴァチカンへの往復は地下鉄を利用しました。
電車内の駅名表示をしっかりチェックしながら片道30分の旅^^

今日の万歩計も25000を超えました。
疲れました。

d0033336_15303953.jpg


もう歩きたくないので夕食はホテルの隣
レストラン「COTTE」へ
ペンネアラビアータ ステーキ タコとひよこ豆のペースト164.png
赤ワイン ティラミス

すべて二人でシェアして十分な量でした。
************






# by lomia | 2018-12-11 16:25 | 2018秋冬 イタリア | Comments(0)

イタリア旅行1‐2日目 ローマ①


11/29~12/7 はじめてのイタリア
7泊9日でローマ・フィレンツェを訪ねました。

d0033336_23121546.jpg


アリタリア航空ローマ直行便成田から約12時間のフライトで
ローマレオナルドダビンチ(フィウミチーノ)空港着


頼んであった送迎タクシー約30分でホテル着は夜の8時過ぎ。
疲れてバタンキュー。

d0033336_23122263.jpg

ホテルクィリーナーレは鉄道主要駅テルミニ駅から徒歩5分
オペラ座に隣接したクラシックなホテル
旅の前半ローマ滞在はここに4泊です。
朝食のバイキングはハム、チーズ、パンの種類が豊富で
美味しくてついつい朝から食べ過ぎ。

初日はローマの観光ポイントを巡回する
2階建て市内観光バスを利用。1日券で乗り降り自由。
各座席に観光ガイドオーディオサービスが付いていて助かります。
もちろん日本語あり!


テルミニ駅からスタートし、まずは有名なコロッセオで下車

d0033336_23123474.jpg

古代ローマの遺跡巨大な円形闘技場
ここでも日本語オーディオガイドを借りてしっかり見学。

d0033336_23124356.jpg

コンスタンティヌス帝の凱旋門と
パラティーノの丘フォロロマーノを望む景色。

d0033336_23124893.jpg


コロッセオ~パラティーノの丘
~チルコマッシモ
~真実の口(サンタマリアコスメディン教会)は延々徒歩
ワンコと歩きたいコースです。


d0033336_23125259.jpg

腕は食べられずに済みました^^





d0033336_23125673.jpg


テヴィレ川(ファブリチオ橋ティベリーナ島)
川を眺めながらランチはジェラートですませました^^
歩き疲れて美味しかったこと!
ホイップのせはイタリア流。
緑色のバジル味が珍しくてなかなかいけました!


またまた歩いてヴェネチア広場
サンタマリアアラチェリ教会へ
(バスの停留所へ戻るより歩いたほうが近かったりする^^;)

ここで目を引いたのが床とステンドグラス。

コースマーティ様式の床は中世ローマの教会堂によく見られ
幾何学的に装飾されたモザイク状の多色大理石がとても美しい。
と説明がありました。

d0033336_23130171.jpg

アールヌーボーさきがけのような蜂のステンドグラス!
蜂は法王ウルバーノ八世バルベリーニ家の紋章とのことで
この後ローマあちこちで何度かみかけました。


流石に疲れてきてまたバスに乗り、サンタンジェロ城へ

d0033336_23130571.jpg


この歴史的なお城も見どころ満載でしたがそれはさておき^^;
上部からのローマバチカンの町の眺めが素晴らしかったです。

d0033336_23130934.jpg

d0033336_23131368.jpg

お城の部屋にあったロンデングラスの窓
ほのかな色合いと瓶底のような素朴なまるガラスをつないだデザイン
独特のかわいらしさと力強さがあり、中世の歴史を感じます。




d0033336_23131714.jpg

またバスに乗りスペイン広場へ

d0033336_23132150.jpg


有名すぎるトレヴィの泉と舟の噴水

観光客と人でごった返すスペイン広場は
危険もいっぱいと聞いていたのでささっと写真だけの滞在。



d0033336_23133027.jpg

パンテオン
世界最大のコンクリート石作り建築
その大きさに圧倒されました。
ただただポカンとクーポラの天窓を仰ぎ見るばかり。。。

ナヴォ―ナ広場まで歩きバス停にたどり着く頃には
冷たい雨
夕暮れのバスを待つ観光客がごった返し
やっと座れたのは雨が吹き付けるオープンエアの2階席
乗車口で濡れた座席を拭くペーパータオルを渡されました。
傘をさしながらバスに乗る経験ははじめて><
寒さと冷えの腹痛に耐えなんとかホテルに帰りつきました。

この日の歩数26,000歩
良く歩きました。



d0033336_23133404.jpg

夕食はホテル近くのトラットリア「エスペリア」
オーソドックスなイタリアンメニューを注文。
ピザマルゲリータ、サラダ、ミネソトローネ、赤ワイン
味は良かったです。
(私は腹痛で量が多くてほとんど父さんが食べた)

*************


# by lomia | 2018-12-10 16:02 | 2018秋冬 イタリア | Comments(0)